平泉寺白山神社

ヘイセンジハクサンジンジャ

平泉寺は霊峰白山(標高2,702m)の越前側の登拝口に位置した山岳寺院で、養老元年(717)に泰澄大師によって開かれたとされます。古代から中世後期にかけては、白山信仰を背景に強大な宗教勢力を誇りましたが、天正2年(1574)に、一向一揆の攻撃を受けて全山焼失します。その後、再興に向かいますが、境内は10分の1程度に縮小し、多くの坊院跡は山林や田畑の下に埋もれました。そして、明治の神仏分離令に際しては寺号を廃止し、白山神社となり現在に至っております。かつての境内全域は「白山平泉寺旧境内」として国の史跡に指定されています。また、白山から平泉寺白山神社境内一帯は、白山国立公園に指定された自然景観豊かなところです。映画「サクラサク」の舞台にもなりました。

住所勝山市平泉寺町平泉寺
開館(利用)時間境内見学自由
休館日無休
交通アクセスえちぜん鉄道勝山駅かららダイナゴン(平泉寺方面)(休日限定)乗車17分、平泉寺白山神社前下車、徒歩4分
勝山観光デマンドバス「勝ち山号」(平日のみ)で約10分
/北陸自動車道福井北ICまたは丸岡ICから車で50分
所要時間境内は約1時間、発掘現場見学は+30分
料金白山神社境内の国名勝「旧玄成院庭園」は拝観料50円
お問い合わせ先平泉寺白山神社 0779-88-1591
ボランティアガイド有 勝山観光ガイド゛ボランティアクラブ

ただし、交通費としてガイド1名につき1,000円