養浩館庭園

ヨウコウカンテイエン

 養浩館は福井藩主松平家の別邸で、江戸時代には「御泉水屋敷(おせんすいやしき)」と称されていました。庭と密接な関連の基に建造された池の周囲の書院建築の数々と、広大清澄な園池を主体とした回遊式林泉庭園(かいゆうしきりんせんていえん)は江戸中期を代表する名園の一つとして広く知られていました。
 福井大空襲で建造物が焼失しましたが、昭和57年に国の名勝に指定されたことが契機となって、文政6年の「御泉水指図」により近年、整備が行われました。現在では、建造物・池だけでなく玉砂利・石組・樹木も四季折々に風趣が漂い、庭園の趣を楽しめます。

住所福井市宝永3-11
開館(利用)時間9:00~19:00(3月1日~11月5日)*ただし入館は18:30まで
9:00~17:00(11月6日~2月末日)*ただし入館は16:30まで
休館日無休。ただし年末年始(12月28日~1月4日)を除く。
交通アクセスJR福井駅から徒歩15分/北陸自動車道福井ICから車で20分
所要時間20分~
駐車場
料金大人(15歳以上)210円
歴史博物館との共通券 大人(15歳以上)340円
団体(20人以上)割引があります。
中学生以下、70歳以上、障害者手帳をお持ちの方とその介助者の方は、無料で入園いただけます。
その他無料開放日・・・家庭の日(毎月題3日曜日)

          文化の日(11月3日)

          ふるさとの日(2月7日)
お問い合わせ先福井市立郷土歴史博物館 0776-21-0489
ボランティアガイド有(要予約)