福井コンシェルジュ〜私たちが福井をご案内します〜

津田寛治の「KANJIて福井」

「フクイ夢アート」で映画を撮るためには

 木川さんからの依頼内容は、フクイ夢アートで上映する短編映画の製作だった。
 フクイ夢アートというのは、福井市が福井駅前を活性化するために催しているイベントで、駅前を舞台に様々なジャンルのアーティストが作品を展開するというものだった。例えば、カメラマンが撮った福井の街の写真を街中の色んな場所に展示するとか、彫刻家が福井の街をイメージして作った作品を中央公園に設置するとか、駅前をテーマに画家が描いた絵をガレリア元町商店街に展示するとか。早い話が福井駅前とアーティストとのコラボなのだ。で、僕に来た依頼は福井駅前を舞台に短編映画を撮って欲しいというものだった。制作費も福井市が出してくれる。だが、市が出してくれる予算はかなりタイトな額だ。
 「スタッフやキャストはボランティアを募りますし、機材も無料で貸して頂けるあてがありますので大丈夫です!」と、木川さんからのメールにはあった。が、しかし、勢いに任せて脚本を書き上げてみると、さすが素人が書いただけあって、まるで予算無視の壮大なものになってしまった。これは幾らなんでも無理だ、書き直さなければと思いながら、ダメモトで木川さんに送ってみたら「これで行きましょう! 大丈夫です!」というビックリするようなメールが返ってきた。
 あれから作品完成まで、僕は木川さんの「大丈夫です!」に何度励まされたことだろう。とにかく前向きな人なのだ。どんなピンチも楽しい遊びに変えてしまう、底なしのポジティブパワーを持った人だ。木川さんの頭の中には、きっと七色に輝く福井駅前の未来があるのだ。そこでは老若男女が笑いながら幸せに駅前ライフをエンジョイしているに違いない。そんな木川ランドIN駅前の活動を、僕も末永く応援していきたいと思う。
 幸せなロケハンを終え、フクイ夢アートの本拠地である「駅前COOKAN」に戻ると、木川さんがいた。満面の笑みで汗を拭きながら「どうでしたか? ロケハン」と聞いてきたので、メインのロケ場所は安井さんの聖地である木田橋の下に決めた旨を伝えると「ええー?僕が用意した候補地から選んだんじゃないんですかあ? 苦労して準備したのになあ」と悔しそうだったが、すぐに「全ては順調ですね!」と笑顔でガッツポーズをとってくれた。僕がほっとしていると「それでですね、津田さん」と木川さんは素早く話を切り替え、身を乗り出してきた。
 「予算考えてみたんですけど、やっぱり市からのお金だけではキツイかも知れませんね」。「ええ~? やっぱり~?」僕が木川さんの言葉に頭を抱えると、木川さんは「でも津田さん、大丈夫です!」とお約束の決め文句を言って一枚のチラシを差し出した。そこには「津田寛治が撮る映画、ファンド募集!」と書かれ、デカデカと僕の写真が載っていた。
 「ファ…ファンド?」目を丸くしている僕に「そうです!」と自信満々で木川さんは言った。「福井市民の方々から、一口1万円のファンドを募るんです。それで協力して頂いた方には完成作品のDVDを進呈、しかもエンドロールに名前が載ります!!」
 …この人は…凄いこと考えるなあ。僕が言葉を無くしていると「大丈夫です! きっと集まりますよ! 福井市民の心意気を信じましょう!」と言ってバシンッと僕の肩を叩いた。「さあ、善は急げです! 行きましょう片町に!」。え? 何故に片町? と固まっている僕には目もくれず、木川さんは颯爽と夕暮れの福井駅前に繰り出したのだった。